Home 留意事項 検索 管理
おなまえ
e-mail
タイトル
メッセージ
削除キー (英数字で8文字以内)  情報保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[112] ステイホームの効能
義太夫節が「情を語る」ものであるとの主張は、
悪声による変則的発達の結果に過ぎないと看破した明治期の記事。
すなわち義太夫節の本来は、
甲乙表裏完全の声によって節も詞も愁も艶も何もかも具備したものでなくてはならぬと。
まさに真実である。

昭和四十年代放送の新日本紀行がデジタルリマスターで再放送されている。
真日本紀行と呼べる最後の時代の記録。
虚栄と衰亡の現状はかのギボンでさえ筆を折るに違いない。

その凋落の中にいる者はやはり荷風よろしく戯作者と自称するより他はないのに、
自分以外は下手ばかりで未来はないと勲章をぶら下げた人物の醜悪さよ。
勘定場 2020/08/12(Wed) 08:16 | 返信 | 削除 |
[111] 泥口嘘舌
国立公園はもともと訪日外国人の利用・外貨獲得という目的で1930年代に指定が始まったが(某紙、以下略)
唾液PCR検査導入を前にして、偽陰性ですり抜けられる方法をお教えします(某氏)
勘定場 2020/08/05(Wed) 07:19 | 返信 | 削除 |
[110] 広辞苑
木鐸:木製の舌のある鉄でできた鈴。
   中国で、法令などを人民に示すとき鳴らしたもの。金口木舌
   世人を覚醒させ、教え導く人。
勘定場 2020/08/05(Wed) 07:14 | 返信 | 削除 |
[109] 捌月
新しい生活様式を受け入れられないとは、
天動説を信奉し続けているようなもの。
共存の意味を曲解し我田引水するのも同類です。
愚かの一言で切り捨てられればいいのですが、
あのガリレオが異端審問で軟禁されたように、
先見の明ある真理探究者が窮地に追い込まれる事態になりかねません。
(もちろん今は煽動者が宗教者ではなく御用学者なのですが)
神話において予言者が決して報われないこと、
これは人間社会の本質が遙か昔に暴かれていた証左なのです。
勘定場 2020/08/01(Sat) 06:05 | 返信 | 削除 |
[108] 予想
下流の水位が上昇していないので洪水警報を出す必要は無い!
えっ?
上流は大量の雨が降って水位が急上昇しているんですけど?
勘定場 2020/07/22(Wed) 06:47 | 返信 | 削除 |
[107] グローカル
予想(というよりも予言あるいは予告)しておいた通り、
梅雨明けは旧暦水無月を待たねばならない結果となりました。
太陽暦をグローバルとするなら太陰暦はローカル、
いや、二十四節気がきちんと割り当てられていたことからも、
太陰暦はグローカルと表現すべきでありましょう。
今般のコロナ禍においても、
その対応はグローカルなものでなければなりますまい。
勘定場 2020/07/19(Sun) 19:26 | 返信 | 削除 |
[106] キャンペーン
感染の歌
「進め一億!意のままだ」(大勢寄越さんかい)
勘定場 2020/07/16(Thu) 06:14 | 返信 | 削除 |
[105] 自己責任
お上は民に救いの網を掛けることはしないということですので、
(○○のために命を捨てろというのは75年前とちっとも変わりません)
劇場行きはもちろん個々の責任でということになります。
(もちろん感染対策はなされていますが、このウィルスはただものではありません)

かつて敵機が劇場上空に襲来したとき、
この床と手摺ならこのまま爆撃されても悔いはないと、
席を立つものはいなかったとか。
要するに、
至高の芸であれば命にも代えがたいということであります。

国立もまずは素浄瑠璃から再開ということですが、
当方が劇場の椅子に座るかは、
まさしく自己責任以外のなにものでもありますまい。
勘定場 2020/07/11(Sat) 10:34 | 返信 | 削除 |
[104] 原点回帰
そもそもグローバル化が今日の禍をもたらしたのであり、
ローカルの意味を再認識すべきである。

感染予防はどうやら飛沫対策が急所のようで、
人形は出遣いをやめて黒衣にすればよい。
(マスク姿の出遣いで感染症対策アピールなど、
 ニュース映えを狙うのはどこぞの無意味なファッションアラートと同断)
床は御簾内。
となると図らずも原点回帰ということになる。
勘定場 2020/07/04(Sat) 10:03 | 返信 | 削除 |
[103] 漆月
閏四月を経た今は五月半ば。
梅雨明けはあと半月続くでありましょう。
そして暑さはその後一月半続くことに。
旧暦での気象判断に注目する意味も明らかになりましょう。
勘定場 2020/07/04(Sat) 08:32 | 返信 | 削除 |

- ASKA BBS -