Home 留意事項 検索 管理
おなまえ
e-mail
タイトル
メッセージ
削除キー (英数字で8文字以内)  情報保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
[78] 無私
『四代 竹本越路大夫』は覚えるほど読み込んだ名著の一冊です。
「藝の判らん者に藝談はとれぬッ。」(鴻池幸武の靈)―『観照』16号―
おそらく武智鉄二が書いたものでしょう。

どこが名人の話でどこからが聞き手・編者の言がわからない、
そんな芸談が世に出されている事実もあります。
我田を利するために引水された清流は、
泥田の濁水と化すということを肝に銘ずるべきでしょう。
勘定場 2020/02/09(Sun) 14:51 | 返信 | 削除 |
[76] 厳格
「とにもかくにも、二代を名乗っておられた摂津大掾師匠、三代の貴田の師匠、
二代続けて文楽座の紋下を勤められた立派な名跡です。
これをけがすわけにはまいりません。身の引き締まる思いです。
越路も三代までか、しょうむない奴が四代目を継ぎよって、
あと誰も継ぐ気がせんような魅力のない名前にしてしまいよったといわれては、
死んでも死にきれません。」『四代 竹本越路大夫』
勘定場 2020/02/09(Sun) 14:39 | 返信 | 削除 |
[75] 初日の実体験
前後半分けずに切場丸ごかしという聞き物であったが、
太夫は病気休演で代役(もっともこの代役は素晴らしかった)。
中央座席中央ブロック三・四列目辺りがずらりと空席であった。
勘定場 2020/02/09(Sun) 14:31 | 返信 | 削除 |
[74] 三代目襲名披露口上
越路大夫
「このたび二世喜左衛門師の十三回忌に当たりまして、
野沢勝平が三代目野沢喜左衛門を襲名致すことに相成りました。
この上は、この名跡を汚さないよう一層の精進を希望致しまする。
また、皆様方におかせられましては、新喜左衛門が大成致しますよう、
今後は厳しく御批判御指導を賜わりまするよう、
わたくしからお願い申し上げまして、御挨拶に代える次第にござります。」
津大夫
「このたび野沢勝平がお父さんの名跡野沢喜左衛門の三代目を襲名致すことに相成りまして、
誠に目出度いことと存じておりまする。
お父さんの二代目野沢喜左衛門さんは大変に厳しい方で、
殊に稽古に置きましては怖さを感じるほどの厳しさでございました。
野沢勝平は幼少の頃よりこの厳しい薫陶を受けまして、
このたび喜左衛門の名跡を襲名するまでに成長致しましたこと、
定めて泉下のお父さんは喜んでおられることと存じまする。
この上は、お父さんに勝る立派な三味線弾きと相成りまするよう、
願いまして、わたくしの御挨拶に代えさせていただきます。」
勘定場 2020/02/09(Sun) 14:29 | 返信 | 削除 |
[73] 試金石
四月公演は通し狂言『義経千本桜』である。
が、
これまでの上演を踏襲するのでは、
誤りの轍を進み続けることになる。
ここで指摘したいのは序切跡である。
どこでどのようになぜ道を踏み外してしまったかについては、
下記リンクを参照願いたい。
http://www.ongyoku.com/hokan/jogiriato-horikawagosho_200901.pdf
勘定場 2020/02/07(Fri) 21:49 | 返信 | 削除 |
[71] 金言
めじろ124様の詳細なレポートと分析は、
いずれも的を射たもので、
劇場側は真摯に受け止め行動に移すべきです。
当方も四月公演に向け、
劇場側の真剣さを計る試金石を提示することにいたします。
勘定場 2020/02/01(Sat) 10:19 | 返信 | 削除 |
[70] 弐月
度が過ぎた暖冬が、
衣更着で調整されないと、
後々大変なことになるという予想。
二の次にできないのは、
寒さでもあります。
勘定場 2020/02/01(Sat) 06:33 | 返信 | 削除 |
[69] 初春公演/研修発表会素人雑感(場違いですが)
体調悪く家族に第2部公演を行ってもらったところ、熱演で良かったが客席ガラガラで気の毒なほどなので、第1部第2部とも行くよう指示あり。
25・26日に拝見したところ、たしかに技芸員の方々は熱演でもったいない限り。25日の第2部はやはりガラガラ。
清治/呂太夫・清介/錣太夫/富助の演奏等は正月に聞けて有り難い。
錣太夫が出演前・後に疲れた顔で一人サインのサービスをしているのを見ると頭が下がります。
人形ですら和生・紋十郎の獅子奮迅の活躍が目立つ状態で、層が薄いと言われているが多くの人を登場させすぎると体調は大丈夫かとさえ思う。(どなたかが不調だと義経は上演できないのでは?)
才能を浪費しないためにも劇場企画担当者がもっと悩んでほしい。
劇場側は団体客を入れてカバーしているがいかがなものか。
1 ミドリ形式は初心者には難しい面あり。
  多くの人が舞台を見ず。
 パンフレット・床本を見ながら鑑賞。(感情を同化できない)
 /上演中弁当を食する人あり。
  一段ものは現代人に納得できない話の飛躍があり、芸を鑑賞するには良いが、
話としての鑑賞は難しい。
2 上演する狂言を大多数の観客が知っているものでもない。
文学・舞台芸術そのものに対して、振興会・劇場が上演だけでは
なく、海外の劇場等がCDを販売するように現役の太夫・三味線に
よるCDの少部数オンデマンド販売/浄瑠璃丸本の普及・販売等足もとまで手を出せないものか。(映像はNHK関係会社が販売)
  東京は一応資料集を販売、大阪は無。
  CDショップで入手できるのはかろうじて山城少掾程度で商業的には成立しない。
3東京と同じ演目でも良いのではないか。また、小刻みな料金引き上げは客離れを起こすと思う。空席消化が難しければ1等席を2等席に振り向ければどうか。
4英語圏・フランス語圏の観客が家族連れできていたが、子供は疲労困憊。英語等の字幕を何とかしないといくら関心があっても4時間座り続けるのは無理。

研修発表会で、研修1年で声が出てたいしたものと思うが、人間国宝まで来ていたのは研修生にとっても有り難いこと。観客は普段の公演よりも関心の強い人が多い感あり。大阪の芸能であることを実感した次第です。
めじろ124 2020/01/31(Fri) 12:03 | 返信 | 削除 |
[68] 壱月
人々と睦び合う月としたいところですが、
封鎖とか隔離とか移動禁止とかという文字。
清々しい「壱」からのスタートとならんことを。
勘定場 2020/01/25(Sat) 08:34 | 返信 | 削除 |
[67] 成人の日
錣=新左衛門「古市油屋」『伊勢音頭恋寝刃』
これぞ大人の芸。

牛スジもつ鍋、海鼠腸からすみ
大人の味はもちろんちゃんとした一品料理。

受領した山城少掾が「今いてくれたら」と嘆いた、
源太夫と駒太夫そして錣太夫。

聞き所を四カ所抜粋という形でご提供いたしますので、
存分にご賞翫ください。

http://www.ongyoku.com/jyoukyokukutu/shikoro_aburaya.mp3
勘定場 2020/01/12(Sun) 13:35 | 返信 | 削除 |

- ASKA BBS -